炭水化物はタンパク質豊富な良質なエネルギー源

 

 

玄米はビタミンB群や食物繊維も豊富

 

お米はぬかと胚芽を残した玄米、胚芽を残した胚芽米、胚芽のみの精白米に分類されます。

 

精白米は消化が良い良質のエネルギー源になります。

 

玄米や胚芽米は糖質の燃焼を促すビタミンB1をはじめとするビタミンB1群、食物繊維、鉄などが豊富です。

 

お米は日本人が古くから主食にしてきた食材です。

 

白飯は水だけで炊き上げて素材そのままを味わえるために、余分に塩や油を摂らずににすみ、いろいろな料理にも合わせやすいのが特徴になります。

 

 

玄米DATA

主成分(精白米100g中)

  • エネルギー 356kcal 
  • たんぱく質 6g
  • 炭水化物 77g
  • カリウム 88mg
  • ビタミンB1 0.08mg
  • 食物繊維 0.5g

 

 

もち米 玄米

うるち米よりも粘りや甘味が強いのが特徴
おもち、おこわ、赤飯、和菓子などに利用されます

ぬかや胚芽、胚乳からなるお米です。
ビタミンB1は精白米の約5倍、鉄や食物繊維も豊富で栄養価に優れています。

 

 

玄米の炊き方

1、ゴミを落とす程度に水を替えて2回ほどサッとすすぎます。

 

2、精白米の場合の1.3倍程度の水につけて、自然塩をひとつまみ入れて一晩おきます。

 

3、炊きあがったら15分蒸らす。