体に必要な五大栄養素とは?

 
五大栄養素

 

栄養素には、主にエネルギー源となる炭水化物、脂質、タンパク質と体の機能を調節するビタミン、ミネラルがあり、この5つを合わせて5大栄養素と呼びます。

 

炭水化物は糖質と食物繊維の総称になります。

 

糖質は体内でブドウ糖や果糖などに分類されて、カラダはもちろんのこと脳を動かすためのエネルギー源となります。

 

その中でも脂質は最も高いエネルギーを生み出すもので、体内で血液や細胞膜、ホルモンなどをつくって体温をキープする働きもします。

 

タンパク質は約20種類のアミノ酸で構成されてその中で体内では作れない9種類のアミノ酸を必須と呼びます。

 

特に必須アミノ酸は体内でつくることができないために、食品から取り入れる必要があります。

 

 

カラダの調子を整えるビタミンとミネラル

 

ビタミンは体の機能を正常に働かせる有機化合物で脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの2種類があります。

 

ミネラルは体の機能の維持や調整のために欠かせないものです。

 

ミネラルは骨格の形成、体液の浸透圧や体温の調整、酵素やホルモンの成分、神経や筋肉などの機能維持に使われています。

 

ビタミンとミネラル、どちらも微量で重要な働きをします。

 

これらの5大栄養素を毎食バランスよく摂ることが、健康なカラダ作りには不可欠です。

 

また、ポリフェノール、カロテン、リコピンなど、5大栄養素の働きを補いながら、抗酸化作用、免疫力向上、代謝促進などに関与する成分を機能性成分と呼びます。

 

 

 

5つ揃えてバランスを

 

炭水化物
エネルギー源となる糖質と便や老廃物の排出を促す食物繊維を合わせたものです。穀類(ごはん、パン、麺類)いも類、豆などに豊富。

 

 

たんぱく質
アミノ酸で構成され、必須アミノ酸をバランスよく含むものほど良質のたんぱく質。
お肉、魚、大豆、大豆製品、乳、乳製品に豊富

 

 

脂質
脂質を構成する脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類があります。
植物油、バター、肉、魚などに豊富です。

 

 

ビタミン
13種類が確認されており、脂溶性と水溶性に分けられます。
野菜、イモ類、果物、穀物に豊富だが、肉&魚にも含まれます。

 

 

ミネラル
微量でも健康維持に欠かせない必須ミネラルは16種類確認されています。
乳製品のカルシウム、レバーの鉄など食品ごとに特徴があります。